信州・戸隠暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 甲斐犬愛護会第13?会展覧会開かれる

<<   作成日時 : 2013/04/08 23:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 9

外に出ないように・・・と、繰り返し天気予報は言っておりましたが、山梨韮崎方面は、何んとか大事に巻き込まれず、無事に展覧会をが開催されました。

母さんは亮ちゃんと一緒に大阪に帰って来たので、出陳犬の資料が手元にありません。文句になりますが、出陳者が同じ人には、家庭に一冊と言われて、受付係がくれません。
戸隠と大阪に分かれて帰ったので、出陳目録がなく分からない事だらけ。出陳料はそれぞれ払っているし、これに割引はないのにね。本部はケチなことするよ。

開会式
画像
大優勝旗の返還。
甲斐犬の頂点のワンコのみが獲得した優勝旗ですから、カピ父さん鼻高々です。
カピくんのお子ちゃまを飼っている我々だってこの快挙は誇りですからね。
その上カピくんは、幸せな事に、寺田記念も頂いていて最高です。

展覧会審査の様子です。
我が家からの出陳犬は3頭。
未成犬雄の部、戸隠の文珠丸(銀くん)
未成犬牝の部、戸隠の紅葉姫(モミジ、旧カエデちゃん)
未成犬牝の部、戸隠の瑪瑙姫(メーちゃん)  をエントリーしました。
いずれも、残念な結果に終わりました。 課題はイロイロ。秋の展覧会までどうしていくか考えることにして、まずは審査の様子から。

未成犬雄の部、戸隠の文珠丸(銀くん)
画像審査員の方が銀くんを見て、思わず「でっかいなぁ〜!」って叫ばれた(いや、呟かれただけかな?)
そうなんです。銀くんのこと紹介するのに、「甲斐犬界の秋田犬です」って言う位大きいのです。
6頭生まれて、一番小さかったあの水色ちゃんがですよ、今や紅葉ちゃんの約2倍、20キロ近くになったのですからね。
画像
初めての場所、沢山の甲斐犬くんたちがいっぱいいるので、銀くん、嬉しいくて遊びたくて駆け回りたくてウズウズしていたのでしょう。
銀くんパパさん、ワケ判らないまま、初めての参加で、銀くんを抑えようと必死でしたね。


画像最初から隣のワンコと遊びたくて、パパさんを困らせていました。
阻止すると、今度は父さん遊んで〜、ダメと言えばリードに絡みついてく・・・見ている方は面白くて笑いの連続ですが、初めてのパパさん困っていたでしょうね。
こんな世界に引きずり込もうとして、ごめんなさい!
画像結果は、見事1番!
ハイ後ろからでした。
どう見ても、日保規格ですからね。後で、りゅうママさんにスカウトされていました。
この秋、日保の全国展は大阪ですから、よろしく!って、
ほんと真剣に考えてしまいそうです。
遠い大阪からご苦労様でした。


次は未成犬牝の部、戸隠の紅葉姫(モミジちゃん旧カエデちゃん)
画像「イヤだモード全開中!」
これは予備リンクに入っている時の様子ですが、
実は紅葉ちゃん震えてるんです。
リンクに入る前に嫌な事されてしまって、すっかりテンションが下がってしまいました。
メーちゃんの姿を見たら安心するか?と、傍に来て貰う作戦で、母さんも慌てました。

画像審査が始まっても一頭で立てません。
「さあ、一番カッコ良い姿を見せて下さい。」なんて言われても、イヤだモード全開で、母さんの脚で尻尾を支えない限り全然上がらないのですからね。
朝一番、父さんのお里へご挨拶に行った時は、カッコ良く立てていたので、「これなら・・・」なんて言われていたのにどう仕様もありません。
歯も全く見せないし、無理に開けようとしてもダメで、あきらめるしかなかったです。

凛々の未成犬の時も、こんなにひどくはなかったし、ポンちゃんだって全然一緒にいたわけでもないのに、素直に立ち込んでくれたのですからね。

午後の審査では、朝の事を忘れたかのように、自然の姿で綺麗に立っていたのですが、全部で28頭位の出陳犬がいたから、個体審査で決めた順番にお呼が掛かり、モミジちゃんは素通り・・・、
モミジちゃんは、横のワンコさん達と匂い嗅ぎ嗅ぎしておりました。
今回は、こちらの対応のせいと思ったので、母さんも動揺することもありませんでした。
せっかく、愛護会展サイズのモミジちゃんですから、これからどうしていくかじっくり考えてみます・・・ 

次は未成犬牝の部、戸隠の瑪瑙姫(めーちゃん)
画像
メーちゃんはちょっとだけマシなようです。
亮ちゃんは、展覧会大好きで、遠い大阪から日帰りでも見に来てくれていたんですが、自分でメーちゃんを飼いはじめたので、初ハンドラーに挑戦です。




画像
大阪で、ずっと一緒、毎日お散歩のついでにちょっとだけ「立ち込み」練習したようです。
それに、日保の展覧会へ2度ばかり場慣らしに出かけたり、と努力はしてきたようです。




画像メーちゃんは、頭がでかく、骨格もごっつく、毛も堅くて長いし、尻尾も立派な差し尾。日本犬としては良い条件を備えているワンコですが、愛護会的には大きいと見られるだろうとの予測でした。
実際、この審査員に通じなかったようで、個体審査で中程だったようで、なかなか呼ばれませんでした。

母さんはモミジちゃんばかり見ていたのでわかりませんでしたが、副会長のY氏がずっと傍でメーちゃんを見ていて、「ちょっと太いので、食事と運動でしっかり絞って秋展に必ず出して下さい」と言われたとの事。
亮ちゃんは、「今でも、食事制限してるので、拾い食いするのが辛い…これ以上できないよ〜」と嘆いておりました。さてどうするのかな?やるしかないでしょうがね〜。

次回はお友達ワンコさんの紹介を!
みなさん、素晴らしい成績で、楽しみですよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
展覧会となると条件が厳しく大変ですねえ。元々条件から外れるとどうしようもない。その上で堂々優勝する犬は素晴らしい。
今回はいろいろなレベルの結果になりましたが、こういう行事は励みになりますから、次回も頑張りましょう。
リブラ
2013/04/09 08:08
楽しみにしていた展覧会でしたが、早朝2度の崖崩れ警報が発せられ寝不足と悪天候のダブルパンチですっかり体調を崩してしまいました。しかも車内が暑いのでアディルを一頭だけで残せず、殆ど車内待機の時間を過ごし満足にご挨拶に伺うことが出来ず申し訳ありませんでした。伺った時に無理をお願いし乙ちゃんに会っておけば良かったナ〜と後悔したのは後の祭りでした。目の上を怪我をしているのが乙ちゃんですヨネ?写真を写した本人は分からなくなってしまったとか(情けない)。
未成犬雄の部、戸隠の文珠丸(銀くん)超カッコ良かったです!私はウットリ見とれていました。愛護会の基準は別として甲斐犬は和犬の中でも体型がキリット絞まっているし、大型の甲斐犬は特に見栄えがすると思います(アディル兄さんは犬ならジャーマンシェパードと公言していたが、甲斐犬に出会ってコロッと気が変ってしまった程カッコ良い犬です)。
銀くん、モミジちゃん、メーちゃんきょうだい皆形の良い素晴らしい尻尾の持ち主!立派なワンコ達なので羨ましい限りです。
家の犬娘は最下位に近しでしたが、今回は落ち着いて立ち込み私は満足しました。牝犬としては大柄だったので、寧ろサイズで失格にならなかっただけ有難かったです。自宅は道路に直面しているので小型のワンコでは不安あり、その点大柄なアディルに日々感謝していま〜す。
すずき
2013/04/09 13:48
お疲れ様でした。
みなさん、頑張ってましたね。
メーちゃん、かえでちゃん、銀くん・・・みんな良い子だわ。
銀ちゃん、今度は日保で待ってるよぉ〜〜 (笑)
母さん、たくさん頂きありがとうございました。
さくらママ
2013/04/09 14:04
リブラさんへ
一緒に生まれても、サイズや毛色・虎模様がこれほどまで違う子になるのは甲斐犬位ですね。ほんと判りません。規格外になってしまうと展覧会は楽しめませんが、自分家の犬が一番可愛いのには変わりはありませんが。カエデもメーも何とかなりそうなので、次回は頑張ります。

すずきさんへ
わぁ〜大変だったのですね。良く展覧会に出て来れましたね。お疲れ様でした。
乙ちゃんの目の上、怪我は治ってカサブタが取れ、禿げのようになっています。ハルルンが咬むの分かっているのに、どういう訳かすぐ傍に寄って行くんですよ。乙ちゃん優しすぎるのでね。
銀くんも身体はでっかいけど全体のバランスは取れているので格好は良いですよね。人懐っこいので遊んで遊んでが激しく、パパさんを困らせてました。
甲斐犬はあんな場で連れ歩いても、ガウガウし合ないので、乙ちゃんをもっと車から出して、メーやモミジの応援に連れて行けば良かったかな?と反省しています。そしたら乙ちゃんに会ってもらえたのにね。
見た目怖そうな大きな甲斐犬が家にいると安心ですよ。大阪の家も前の道に人の気配がすると、みんな飛んで行って様子を伺う姿はちょっと迫力ありますから。

さくらママさんへ
遠いところご苦労様でした。
いつもいつも、美味しい差し入れありがとうございます。みんな美味しいっていただいてました。見た目より全然辛くないなぁ〜って。
銀くん、日保でやってほしいものです。大きいワンコ連れて遊べる所って展覧会位ですもんね。
今度お会いするのは、大阪全国展ですね。それまでキリリンのヘタレはマシになっているかな?
オセロの母さん
2013/04/09 21:41
お疲れ様でした&今回もありがとうございました。
オセロ家のワンコ達は、いつもみんな頑張っているから、ステキですょ。
弥生と雪の上で遊んでいた子達が立派になっていて、うれしかったです。
私も乙ちゃんにほとんど会えなかったかも・・
銀くんは、まるで大和を見ているみたいでなんかホレボレ♪
やっぱり! りゅうママさん、目をつけていたのねっ☆
Yamato-mama
2013/04/09 23:55
お疲れ様でした。そして、お世話になりました。
銀を毎日見ているし普段比較する対象もいなかったので、普通よりは少々おデブやろうなとは思ってはいましたが、デカかったとは…。
確かに会場で他の甲斐犬を見て、みんなスリムで締まっているなとは思いましたが「デカい」とか「ゴッツい」と感じる事が無かったのはデカい銀をいつも見ていたからですね。中身はまだまだお子ちゃまなんですが。
展覧会向け特に練習をしてきた訳でもなく、銀およびハンドラー共に緊張感のない状態で申し訳ありませんでした。
ある意味普段通りの銀をみなさんにお見せできたかなとも思いますが。

大阪の銀
2013/04/10 20:56
Yamato-mamaさんへ
遅くなりました。なんかもう遠い出来事に感じてしまいましたが、大和家は今回も“子子孫孫”の活躍で嬉しい大会でしたね。又これからの楽しみが何倍にも膨らみますね。
我が家も次回から、がんばりますよ。
銀くん、ほんとに大和くんにそっくりでびっくりでした。血統は関係ないのにね。ワンコは面白いです。
又、お会いする日を楽しみにしています。

大阪の銀くんパパさんへ
ほんとにお疲れ様でした。
いろんな甲斐犬がいてびっくりでしょ。
それに同じ兄弟姉妹でもあんなに大きさに違いが出るのも不思議な犬ですよね。
何でも初めてで戸惑う事ばかりで申し訳なかったですが、銀くんはもっとみんなと遊ばせろ!ってルンルンの顔してましたね。まだまだお子ちゃまで人懐っこくて可愛かったです。入賞しようがしまいが自分家のワンコが一番ってみんな思っているのでどの子も可愛がられています。
次の日、無垢ちゃんにやられたそうで、ごめんなさい。これに懲りずに又遊びに連れて来てください。
オセロの母さん
2013/04/13 14:25
オセロのお母さんこんにちは 和犬の世界も「ジャ○ーズ系」ですかね!
私的にはあまり小さいのよりはやや大ぶりのほうが好きですが
牝でも45センチチョイ 牡だと48センチはほしい でも今は小振りが有利みたいですから 家の犬を含めて長時間山で動ける犬がどれほどいるのやら
家の犬はアスリートじゃございません
1時間でへばります、、、たぶん
リカの家
2013/04/21 00:08
リカちゃん父さんへ
どうしても人間が審査するので、いろいろ流行もあるようですね。一応甲斐犬は中型犬の区分なのでやはりもう少し大きくないとね、今の愛護会のは柴と同じで小型の部のようですね。
今甲斐犬は都会で沢山飼われていますから、山仕様は必要ないのでしょう、審査の基準が明らかでないから止むを得ません。秋は今様ちゃんで頑張ります。
オセロの母さん
2013/04/21 00:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
甲斐犬愛護会第13?会展覧会開かれる 信州・戸隠暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる