信州・戸隠暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛知支部展覧会・我が家の応援団 (その3)

<<   作成日時 : 2017/10/05 23:55   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

展覧会の会場の名古屋市平和公園は素敵な公園でした。
画像
メタセコイア広場と名付けられているこの公園。とってもいい公園でした。
自由度が大きい!規制が少ないのです。公園内では路駐も、BBQも、ワンコの散歩も、OKなんです。猫洞ヶ池では魚釣りOKです。ほんとびっくりでした。
実家は吹田の中でも公園の多い北千里にあるのですが、自宅横の北公園は自然そのままを取り入れてるというのに、規制が多くて、禁止が書かれた看板があっちにもこっちにも、かえってマナー違反者が続出ですね。
画像画像







画像画像








池の周りは「1万歩コース」の遊歩道になっていて、走っている人もいるし、小さい洋犬を連れてのお散歩の人もいるので、ちょっと気を使いながら、注意して我が家も早速1頭ずつのお散歩を開始。5頭とも連れて行ってたので、このお散歩コースには大助かりでした。それに大阪から朝亮ちゃんが来てくれて、なんやかやと手伝ってくれたのも有難かったです。
池の向こうの車が停まっているところが、今日の会場です。

我が家の子達も、気分は出陳犬!
9時に開会式が始まったのですが、なんせ出陳頭数が少なく、一審は30分ほどで終わってしまいました。
残りのたっぷりの時間をリングサイドで立ち込み練習して遊んでみました。
まずはフーコから。
画像
  戸隠普賢姫   (信州戸隠荘)  ( 神州 × 鬼乃勝龍女 )

これ奇跡の1枚! 素晴らしいフーコちゃんの立ち姿。これがリンクの横でなく真ん中でこんな姿見せてくれたら、フーコも言うことなしなんですがね。
この時は、目の前にサクラママファミリーの甲斐犬が来て、フーコ思わず身構えた瞬間だったのです。
画像画像








フーコのいつもの姿。ちょっとでも慣れて欲しいのでリンクサイドに連れてきたんだけど、見ての通り。でもここまで来れるようになっただけでも成長したんです、ハルルン継母さんの付き添いなしですからね。ハイ!
「ココ怖い。早よあっち帰ろう。」
人混みの中に来ると尻尾だらり、キョトキョト、ソワソワ。辛いなフーコちゃん。
でも前よりは進歩してるから。ガンバレフーコちゃん。

二番手に登場は、キリリン母さんです。
画像
  鬼乃勝龍女  (岳北鬼島荘)  ( 快雲 × 戸隠不動姫 )

お顔が可愛いだけではアカンねん。キリリン、これが精一杯かな? フーコの母ちゃんやからな?
画像画像








キリちゃんの立ち込みはいつもハラハラ、思わず手が」尻尾のフォローに動いてしまいます。傍に居た方が、尻尾を不安定にフラフラしてる姿を見て「尻尾下げた時は、直ぐ動かさんと・・・」と思わず助言をして下さる始末。「この子出てないんです」「・・・」
キリちゃんはもう展覧会復活はないようですね。残念だね・・・。

三番手登場は、ハルルンですよ。
画像
  春 華   (信州荒川荘)  ( 熊 鉄 × 和 華 )

相変らず素晴らしい立ち姿です。それにこの笑顔、「どうや!みんな見てるか?私がハルルンやで!」
リンクに入ったら、ピシ!と立つ位置決めて、後は周りにアッピール。ちっとも変ってないね。素敵!ハルルン。凄いカッコイイわ〜。
画像画像







画像いつ見ても、ハルルンの立ち姿には惚れ惚れしますね。
その姿を懐かしがって、さくらママさんが見に来て下さってね。ハルルンも覚えているかのように嬉しそうに寄って行ってました。
リンクの外に出ると、芽衣ちゃんとプロレスして遊ぶので、周りの人達がびっくりしてたよね。

しんがりは我が家のボス。無垢ちゃんの登場です。
画像
 貴 市  (江籐犬舎)  ( 貴 峰 × 梢 )

無垢ちゃん御歳12歳。25`。いつ見ても貫禄充分、堂々としてるので歩いているだけで、みなさん振り返ってみてくれます。無垢ちゃんもなんか展覧会が嬉しいようです。
家族みんなに、とっても可愛がられて特別扱い。雄だけれど優しいので扱い易く、誰にでも好かれてみんなから尊敬のまなざしを送られています
画像画像画像

















無垢ちゃんは、言葉の理解も早くてほんとに賢いワンコです。
特別が大好きで、こうして周りの人達が自分だけを見てくれてるのが嬉しいようです。
画像朝ちゃんは、今はあんまり犬の面倒は見てくれませんが、犬の方は朝ちゃんが大好きなようです。
酷い車酔いにも関わらず、この日は白チーム全頭連れていくというので、見に来てくれました。
無垢ちゃんも嬉しかったようです。

画像
展覧会大好き亮ちゃんですが、この秋は全展まで見に行けないと思っていたようですが、電話を入れると喜んでわざわざ大阪から、見に会いに来てやってくれました。
いつも、良く世話してくれてありがとう。

朝ちゃんが小2.病気をして夏休みをゆっくり過ごさせる事になり、紀州犬を飼ったのが始まり。
おばあちゃん家と行ったり来たりしていたけど、家での世話はずっと2人がして、14歳で亡くなるまで、良く面倒を見てくれました。
紀州犬に対する思いは、二人とも格別なものがあるようです。
犬の方も、自分を可愛がってくれる人の事は良く分かっているものね。

そうそう、仔犬を引き取りにみんなで鈴鹿の江籐犬舎へ行った時、そこに居たのが「綱若号」印象に残る立派な犬でした。「その犬はゲージに手入れても咬まへんよ」ってご主人が言ってました。ゲージから優しいまなざしを送っていたものね。「雄の紀州犬」が欲しかった父さん。無垢ちゃんは十分に役割果たしたよね。

そんなこんなで、愛知支部展をたっぷり堪能させていただきました。
3ヵ月ぶりの家族の団欒は紀州犬三昧でした。
大ちゃんの大活躍で、みんなに嬉しい気持ちもプレゼントしてくれて。

これで終われたら良かったのですが、
家に帰ると、喜びが吹っ飛んでしまう事態が・・・、あ〜あ〜〜〜〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛知支部展覧会・我が家の応援団 (その3) 信州・戸隠暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる